忍者ブログ
=iPhoneアプリの徹底解説+Appleな情報+僕日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
0d51cd8e.png



速報です!
ついに、Tweetbot for Mac が、Mac App Store でリリースされました!

Tweetbot といえば、
言わずと知れた、iPhoneやiPadといったiOSアプリで
大ヒットを収めたTwitterクライアントですよね〜

今までβ版を無料で配布していたのですが、
無事開発を終えたようで、正規版が
平均で26日間かかるAppleの審査を14日間という短期間で承認され、
今日Mac App Storeに公開されました!

価格は1700円($20)とやや高めの設定。
これにはある訳があるらしいのですが...


続きを読むからどうぞ。



BUY-BOTTON.png

.
.

Tweetbotは、iPhoneやiPadなどのiOS端末向けアプリで、
大ヒットしたアプリで、その経験から強きな価格設定ででたと思われます。

ただEchofon Pro for Macもリリース当初は$20してました。

開発元のブログでは、
「Twitter API v1.1に伴う制限強化により、
 ユーザ(アカウント)数に上限が課せられた」ことも
理由の一つとして挙げられています。

どうしてTwitter API v1.1の制限が価格設定に関係してくるのでしょうか。

Twitter API v1.1に伴う制限強化では、
サードパーティ製のTwitterクライアントで扱える
ユーザトークン数(=アカウント数)が10万件までに制限されています。
これを超えると、そのクライアントは配布・販売できなくなるのです。

ただし、すでに10万件を超えているクライアントに関しては、
現時点のユーザトークン数の倍までは許可されます。
Tweetbot for iOSはこの件数をとっくに超えていますので、
この制限は事実上影響しません。

ただ残念なことに、Tweetbot for Macは
for iOSとは別アプリとしてカウントされてしまうのです。
つまりfor Macのユーザトークン上限は10万件まで。
これを超えた時点で販売不可能になりますが、
万が一そうなっても既存ユーザのサポートは続けなければなりません。

つまり、Tweetbot for Macがもし大ヒットしてしまうと、
開発元にとっては嬉しい反面、それだけアプリの寿命も縮んでしまうのです…

価格設定が高いのも、ローカライズが後回しにされたのも、
要はユーザトークンの制限を早期に使い果たしてしまわないための予防策でしょう。
また今後のサポートも考えたリスク軽減策であるとも言えます。

さきほど引き合いに出したEchofonも、
つい先日デスクトップ版の開発終了がアナウンスされました。
おそらく前述の制限絡みでしょう。
デスクトップTwitterクライアントを巡る環境は、
つい先日とは異なり、かなり厳しくなっているのです。

これの解決方法は一つ。
Twitter社に対し、「サードパーティクライアントの制限は厳しすぎる」と
声を寄せていただくのが最も効果的かと思われます。

via - @TweetbotJP and Tapbots.com




BUY-BOTTON.png



 

 

拍手[2回]

PR

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/10/19 (Fri) ニュース Comment(0)
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
2chまとめリーダー ELLEREADER 1.0.0 HOME 【祝!】10,000アクセス達成!宝探しキャンペーン!!
Copyright © AppKids All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]